医療法人豊仁会三井病院
埼玉県川越市連雀町19-3
049-222-5321(代表) 診療予約は音声案内「1」を押して下さい。

血液浄化センター

当センターの特徴

当院の透析センターでは全台On-line HDF可能な透析装置を取り揃えております。
より良い透析治療が行なえるよう、透析液清浄化を心掛け、患者様1人1人にあった透析治療をご提案していきます。
周辺の医療施設や院内の関連部署との連携を密に行なっており、症状の悪化や透析以外での入院が必要になった場合には三井病院での入院加療が可能となっております。
必要に応じて関連施設へのご紹介も可能ですので、透析以外でもご安心いただける環境となっております。

人工透析に関わる病気

腎臓には、血液をろ過して老廃物や有害物質を尿として排出し、体内をクリーンな状態に保つ働きがあります。また、からだにとって必要な成分は再吸収して、体内の水分と電解質のバランスをコントロールします。 それ以外にも、ホルモンを分泌したり、ビタミンDの活性化を促してカルシウムの吸収を助けるなど、人間が生きていく上でなくてはならない大事な役割を担っています。
 
糖尿病性腎症
糖尿病の三大合併症のひとつです。糖尿病の管理が悪く高血糖状態が続くと糸球体や血管の障害が進行します。その状態が長期間続くとたんぱく尿、高血圧、むくみなどを生じ腎不全にいたります。  
 
慢性糸球体腎炎
糸球体に炎症を生じる病気の総称で、IgA腎症、膜性腎症、紫斑病性腎炎などが含まれます。長期間、血尿やたんぱく尿が続くことで腎機能が低下していきます。  
 
腎硬化症
高血圧が長期間続くことで腎臓の血管が動脈硬化を起こし、腎臓の障害をもたらす病気です。動脈硬化によって腎臓を通る血液の量が減り、老廃物が排泄できなくなり腎不全にいたります。  
 
多発性のう胞腎
腎臓の中で袋状ののう胞が多く発生し腎臓を圧迫して肥大させ、腎臓に障害を与える遺伝性の病気です。高血圧や貧血を伴い、症状がゆっくりと進行して腎不全にいたります。  
 
慢性腎盂腎炎
細菌が腎盂・腎杯および腎皮質にまで感染して炎症を起こした病気です。感染・炎症を繰り返していると慢性糸球体腎炎と同じような症状を起こし、腎機能が低下します。  

実施可能な治療方法

何らかの原因により腎臓の機能が低下すると、その働きを代替する治療が必要になってきます。そのひとつが透析治療です。
透析治療は専用の装置を用い、腎臓の機能に代わる治療を行います。血液透析と腹膜透析の2種類があり、当院では主に血液透析を行っています。
血液透析は体内から血液を取り出し、専用の装置を通して血液中の老廃物や余分な水分を取り除く治療です。

血液透析(HD)

最も標準的な治療法で、血液を体外に取り出し、血液中の不要な老廃物と水分を除去します。同時にナトリウム・カリウム・カルシウムなどの電解質を正常域に補正し、血液のpHを改善して、きれいになった血液を体内に戻します。

血液透析ろ過(HDF)

血液透析(HD)と血液ろ過(HF)を組み合わせた治療法で、循環動態の不安定な患者様に適用されます。関節痛やイライラ、不眠などの長期透析患者様に起こるβ2MG起因の症状改善に期待できる治療法です。

オンラインHDF(On-line HDF)

オンラインHDFでは管理・清浄化された透析液を補液として直接使用する治療法です。透析液を補液にすることで、これまでと比較して大量置換が可能となり、透析効率の向上が可能となりました。

透析液清浄化

透析液の清浄化は、患者さんの合併症や、生命予後に関与していきます。透析液のエンドトキシン、細菌培養、水質検査において各ガイドラインに従い定期的な検査の実施と管理を行っています。

無料送迎サービス

当院スタッフにより、患者様のご自宅玄関前まで無料で送迎をいたします。
送迎範囲・送迎対象となる方など、いくつか条件がありますので、詳しくはお問い合わせください。

患者さんのご紹介・お問い合わせ

血液浄化センター【南館2階】

049-236-3056(直通)

049-222-5321(病院代表)※音声案内「2」を押して下さい。

ご利用時間について

月曜日~金曜日(平日) 9:00~17:00
土曜日  9:00~16:00