リハビリテーション科

リハビリテーション科

リハビリテーション科理学療法室では入院及び外来の患者さま、訪問リハビリテーション利用者様へのリハビリテーションを提供しています。

外来患者さまへのリハビリテーションでは、実施にあたり予約制を採用しているため、待ち時間が少なくスムーズな介入が可能となっています。日常生活上の問題点を患者さまと共有し、患者さまのHOPE、NEEDSに沿ったリハビリテーションを実施することで、患者さま個々にあわせたリハビリテーションプログラムを展開していきます。さらには、必要に応じて自宅で実施できる自主練習も指導させて頂き、より良い生活が地域の中で送れるよう支援していきます。

入院患者さまへのリハビリテーションでは、徹底したリスク管理に基づき早期より介入し、1日でも早い回復が望めるよう、医師、看護師をはじめ多職種ともしっかりと連携したチーム医療を展開していきます。身体機能・能力の向上を図るだけでなく、動作練習やご家族への介助指導など日常生活の沿ったエクササイズやアドバイスも積極的に行わせていただき、患者さまの活動性の向上及び生活の質向上に努め、より効果的な質の高いリハビリテーションを提供できるよう日々取り組んでいます。

また、平成27年10月1日より、在宅分野の支援を実施するため訪問リハビリテーションを再開することになりました。

目標

理学療法室の職員はリハビリテーションの理念を実現するために、高度の技術・知識と思いやりの心を持って、患者さまの抱える問題を多面的に把握し、機能訓練、各種療法および指導を行うことによりその解決に努め、患者さまの身体機能回復、社会復帰、生活の質向上の一助となるように努力します。

取り組み

リハビリテーションカンファレンス

当院では、毎月リハビリテーション対象患者さまへのカンファレンスを実施しております。リハビリテーション対象患者さまの現状報告と確認、治療内容確認、今後の方向性を多職種と連携しカンファレンスを実施。情報共有、相談、意見交換を密にし、患者さまやご家族を中心としたチーム医療を提供いたします。

物理療法機器やリハビリテーション機器の充実化

当院では、入院及び外来患者さまに対し医師の指示のもと、リハビリテーションの一環として物理療法機器を使用した治療を行います。
また、様々な疾患に対し、効率よく、また効果的に実施できるよう、機器の充実化を図っております。

物理療法機器

訪問リハビリテーション

訪問リハビリテーションとは、リハビリ専門職員が利用者様の実際の生活場面にお伺いして、心身の機能の維持回復を図り、日常生活の自立と家庭内さらには社会参加を促すことが目的です。

訪問リハビリテーションの詳細へ